CATEGORY 観劇・鑑賞

これを読めば通になる!歌舞伎座の幕見席の極意観劇の手引

これを読めば通になる!歌舞伎座の幕見席の極意

歌舞伎には「幕見席(まくみせき)」という映画並みの料金で気軽に一流の歌舞伎を楽しめる制度があります。歌舞伎気になるけど敷居高いな…舞台観るのってお金かかるよね?というあなたのために。歌舞伎座の幕見席の極意をお伝えします。幕見席を何度も利用した人でないと分からない情報も詰め込みました!

歌舞伎

「十二月大歌舞伎 昼の部」H30年12/2-12/26東銀座 歌舞伎座

危うく月一の観劇習慣を絶やしてしまうところでした。世間では玉三郎さんの出ている夜の部が人気だそうですが、そんな中私は昼の部を観に行きました!演目は、「幸助餅(こうすけもち)」と「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)」。中村壱太郎さんの実力ぶりが私にとっては新鮮でうれしい驚きでした!

爆音映画祭atお台場に初参加!感想と楽しみ方をメモ。映画

爆音映画祭atお台場に初参加!感想と楽しみ方をメモ。

先日、仕事で急遽行けなくなってしまった知人の代わりに、初めて「爆音映画祭」に参加してきて思いのほか素晴らしかったので、レポートいたします!立体的な音響によって「映画館で観る」ことの価値がものすごく上がるイベントです。サラウンドの音響って文章でどれだけ言っても伝わらないので、ぜひ一度体感してみてほしい!!

「芸術祭十月大歌舞伎 昼の部」H30年10/1-10/25東銀座 歌舞伎座歌舞伎

「芸術祭十月大歌舞伎 昼の部」H30年10/1-10/25東銀座 歌舞伎座

「三人吉三巴白浪」「大江山酒呑童子」「佐倉義民伝」の3演目です。久しぶりに中村屋さんを堪能しました!七之助さんのまるで峰不二子を思い起こさせるようなお嬢吉三、勘九郎さんの心から舞台を楽しむ様子とジャンプ力、白鷗さんの幕切れの表情、とそれぞれ見どころのある舞台でした。

ミュージカル「生きる」10/8-10/28赤坂 TBS赤坂ACTシアターミュージカル

ミュージカル「生きる」10/8-10/28赤坂 TBS赤坂ACTシアター

黒澤映画「生きる」が宮本亜門演出、市村正親&鹿賀丈史の主演でミュージカルになりました。上演時間は、2時間15分(1幕60分 休憩20分 2幕55分)。繊細で素敵な楽曲と、真正面から王道ミュージカルに仕上がっています。私調べで、日本発のオリジナルミュージカル最高峰。たくさん人に、届け。