【最短解説】手荒れ人が使うべき油とは、これだ!




この度、汗疱を始め、手荒れやアトピーにもきくと言われる、期待大の油があるのを知ることができました!

その名も、「フラックスシードオイル」!!

この記事では、どこよりも情報を網羅、かつコンパクトにお伝えいたします。

 

 

フラックスシードオイル=アマニ油

 

日本では、アマニ油という名称が一般的です。フラックスシードオイルは、海外での主な呼ばれ方です。

フラックスシードオイルで期待できる効果は、

・脳機能の向上
・血液中の中性脂肪やコレステロールを下げ、血流促進
・アトピーやアレルギー改善
・便秘改善
・女性ホルモンの調整

などがあります。
アトピーなどの肌に、アマニ油を直接塗るのも、保湿剤として効果があると評判のようです。

フラックスシードオイルが手荒れに良いと言えるのは、αリノレン酸が含まれていることがポイントになります。

 

αリノレン酸とは?

 

αリノレン酸とは、DHAやEPAと並ぶ「オメガ3不飽和脂肪酸」の一種です。

オメガ3不飽和脂肪酸とは、体内で作り出すことができない脂質なので、食事から取る必要があるものです。

DHAは、脳機能の向上や認知症の予防
EPAは、血液サラサラ効果や血管環境の改善
にそれぞれ効果があります。青魚に含まれているのは、よく耳にしますよね。

対して「αリノレン酸」は、体内でDHAにもEPAにも変換されます。
(ただし、変換率が低めなので、DHAとEPAはそのまま取った方が効果的ではあります。)

αリノレン酸ならではの特徴としては他に、アトピーやアレルギー改善の効果があります。

一般的な油(コーン油、ゴマ油、植物性マーガリンなど)に含まれるリノール酸を摂りすぎると、体内で炎症を引き起こしてアトピーやアレルギーの原因となります。
αリノレン酸は、リノール酸が炎症物質へと変換されるのを防ぐはたらきがあります。

この他にも、
・便秘改善
・女性ホルモンの調整

といった効果があり、植物生まれの万能な栄養素なのです。

 

フラックスシードオイルの取り方

 

大きく2つの方法があります。

・アマニ油(または、えごま油やしそ油も同様の効果あり)を食品と合わせて、または直接とる。
・サプリメントでとる

ただし、フラックスシードオイルには注意しておくべき特徴があります。

問題・・・熱に弱い
解決・・・生でとる!

食事と合わせてとる場合、最後にまわしてかける、をベースにして応用することができます。
サラダ、お惣菜、豆腐、納豆、パスタ、スムージーなどなど・・・
冷たいものなら何にでもかけられそうですね^^

 

問題・・・酸化しやすい
解決・・・1か月で使い切る!

酸化した油には、活性酸素という体の酸化を進める有害物質が発生してしまいます。
アマニ油でαリノレン酸をとる場合は、一日あたり小さじスプーン一杯が目安になります。これなら手軽に続けられそうですよね^^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オメガニュートリション社 有機亜麻仁油 237ml クール便
価格:1944円(税込、送料別) (2017/10/22時点)

 

まとめ

今回の記事では、新しい言葉がたくさん登場しました。

アマニ油
フラックスシードオイル
オメガ3不飽和脂肪酸
DHA
EPA
αリノレン酸

この記事の中で全てをカバーしていますので、ぱっと振り返りたいときにご覧ください。

全ての健康に関する話題で言えることですが、何事もバランスよく摂取することが必要です。

普段の生活の中では飽きない範囲で、
青魚を食べたり、
ドレッシング代わりにアマニ油を使ったり、
大好きなラーメンを食べるときにはサプリメントを一緒にとったり(笑)

続けられる工夫を、見つけていきましょう。
質問などあれば、ぜひコメントをお待ちしております。












シェアやコメントお待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA