ジャラハニーの抗酸化作用が手荒れと花粉症にも効果的らしい

ジャラハニーの抗酸化作用が手荒れと花粉症にも効果的らしい




こんにちは、ほわいと(@t_e_white)です。

私の好きな食べ物の一つに、ハチミツがあります。

ハチミツといえば、
「疲労回復」
「エイジングケア」
「胃腸の調子を整える」
「喉の調子を整える」
などといった効果が一般的には言われています。

今回は、ただ美味しいだけではなく、美肌(手荒れ・肌荒れ)や花粉症にも良いとされている、ジャラハニーにトライしてみました!

普通のハチミツとジャラハニーの違い

ハチミツといっても、実際にはたくさんの種類があります。

特に最近話題になっている、「マヌカハニー」は聞いたことがあるのではないでしょうか?

「普通のハチミツ」と、
「ジャラハニー」や「マヌカハニー」。

まず、一般的に売られているハチミツは、熱処理しているので、ハチミツが持つ本来の成分は弱まってしまっています。

これに対して、「ジャラハニー」や「マヌカハニー」は、熱処理などの加工をしていない、いわゆる「生ハチミツ」とされるジャンルです。

続いて、ジャラハニーとマヌカハニーの違いと、私がなぜジャラハニーを選んだかをざっくりとまとめていきます。

ジャラハニーとマヌカハニーの違い1 原産地が違う

ジャラハニーはオーストラリアのジャラの花から採れます。

マヌカハニーはニュージーランドのマヌカの花から採れます。

ジャラハニーとマヌカハニーの違い2 品質の評価基準が違う

ジャラハニーは、「TA」という評価基準です。
抗菌力を示す、全てのハチミツに使われている評価基準です。
抗菌力の根拠が、過酸化水素やメチルグリオキサールなど、含まれる抗菌活性を総合して測定されたものです。

マヌカハニーは、「MGO」または「UMF」という評価基準です。
抗菌力を示す、マヌカハニーのみに使われる評価基準です。
抗菌力の根拠が、マヌカハニー特有の抗菌活性に注目して測定されたものです。

私が調べた範囲では、マヌカハニー特有の抗菌活性の方が、熱や光には強いようです。

ジャラハニーとマヌカハニーの違い3 味が違う

ジャラハニーは、濃い目のハチミツな感じです。スプーンですくいやすく、黒蜜っぽいとも言えるかもしれません。

マヌカハニーは、かなりクセがあり・・好みは分かれると思います。

私が今回ジャラハニーがいいなと思った一番の理由はズバリ、「味」でした。

ジャラハニーが美肌(肌荒れ)と花粉症に良いらしい

ジャラハニーが他のハチミツと大きな差をつけるポイントが、
「抗酸化作用」「抗菌活性」にあります。

美肌(肌荒れ)&ジャラハニーの抗酸化作用

美肌の敵は、老化と共に起こる酸化が大きな影響を与えています。

そもそも、酸化とは、活性酸素が増えて血管や細胞を傷つけることを指します。

老化だけでなく、ガン、肌荒れ、動脈硬化など、酸化は「万病のもと」とされています。

これに対抗するのが、「抗酸化作用」です。

花粉症&ジャラハニーの抗菌活性

花粉症対策として主に挙げられるのは、
「花粉を取り込まないこと」と、
「免疫力を高める(腸内環境を良くする)」ことです。

抗菌活性は、外から入ってきたウイルスや菌と闘ってくれるので、免疫力を高めることにつながります。

このことから、ジャラハニーは美肌や肌荒れ、花粉症にも良いと言えるわけなのです!

ジャラハニーの食べ方 実際に食べてみました。

私が今食べているジャラハニーはこれです。
プレミアムオーガニック ジャラハニー
プレミアムオーガニック ジャラハニー

100%オーガニック正式認定をされているとのことで、安心です。

私の食べ方は主に、3つです。

  • スプーン一杯そのまま舐める
  • ヨーグルトに混ぜる
  • ホットミルクに入れる

他にはたまに、
トーストしたパンに塗ったり、カレーの隠し味にしたり。
お砂糖の代わりとしても使います。

最近は、そのまま舐めるパターンにハマっています。

ジャラハニーの抗酸化作用が手荒れと花粉症にも効果的らしい
ほわいと
んー!甘い♡

これは嬉しい驚きなのですが、
ジャラハニーを舐めるとお菓子を食べたい欲が落ち着くので、結果的にお菓子を食べる量が減らせています。

ダイエットにも良いのかも。一石二鳥!

ジャラハニーについては、冒頭でも述べましたが、「生ハチミツ」にあたります。

一番ベストな活用方法は、そのまま舐めてローフード的な食べ方にするか、
他の食べ物やトッピングで使う場合は、熱したりせず、常温のまま混ぜ合わせて取り入れると良いそうです。

私がまだ食べきれていないので分からないのですが、プレニアムオーガニックジャラハニーの分量について。

他の方の口コミを見ると、「スプーン1杯」を「1日2回」「1ヶ月で使い切る」分量とのことです。

ジャラハニーの保存方法

ジャラハニーの保存方法は、一般的なハチミツとほぼ変わりありません。

●腐らないので、2~3年は保存OK
常温で湿気少ないところで保存します。
これだけ長く保存できるのは、抗酸化作用が優れているからってところに繋がるんですね。

反対に、冷蔵してしまうと結露ができて、味も品質も落ちてしまうので避けましょう。

●木のスプーンが吉
生のハチミツは、加工処理を避けて本来の成分が生きているので、金属のものを使うと味が変化してしまうことがあるとのことです。
なるべく、木製のスプーンを使ってみましょう。

なお、他の食事で使ったスプーンを使い回したり、濡れているスプーンを使うと、雑菌が入って長期保存が出来なくなることもあるので、新しいスプーンを使ってくださいね。

まとめ ジャラハニーはギフトにも吉

ジャラハニー、気になってきましたか??

ただ、1瓶5800円(税抜)と、値段が高いのも事実・・・

ナチュラルオーケストラのプレニアムオーガニックジャラハニーなら、2個セットで買うとかなり割安になります。

長期保存も出来るし、私はギフトとかで貰ったらとても嬉しいです。

一つは自分用に。もう一つはギフト用にしてみるなどの活用はいかがでしょうか?














ジャラハニーの抗酸化作用が手荒れと花粉症にも効果的らしい

シェアやコメントお待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA