手荒れの症状と原因と種類をざっくり分析してみる




こんにちは、ほわいと(@t_e_white)です。

手荒れについて調べていくと、
「主婦湿疹」「手湿疹」「あせも」「汗疱」など・・・

症状の名前はよく見かけるのですが、どんな種類があるのか、私自身よく曖昧になってしまいます。

ここでは、手荒れをもっと俯瞰して理解するために、かなりざっくりですが私なりにまとめてみました!

手荒れの原因をざっくり2つに分ける

手荒れを起こす原因は、分かっているもので大きく2つに分かれています。

  • 刺激によるもの
  • アレルギーによるもの

ですが、私たちに身近な手荒れ・主婦湿疹などはほとんどが、前者の刺激によるものから起きています。

手荒れの症状はざっくり2つに分けられる

手荒れの症状を表す時に、

  • 乾燥型
  • 湿潤型

このような表現をすることもあります。

手荒れの症状1乾燥型

主な症状としては、

  • カサカサする
  • 皮膚が固くなり、皮が剥ける
  • ひび割れやあかぎれ

このような症状が挙げられます。

これらは、「主婦湿疹」「手湿疹」などと言われることが多いです。
水仕事の刺激による手肌の乾燥が主な原因と言われます。

乾燥が原因なので、対策としては「保湿」がメインになります。

手荒れの症状2湿潤型

主な症状としては、

  • ジュクジュクしている
  • 水疱ができる
  • 赤みができて痒くなる

このような症状が中心になります。

始めのころは乾燥型でも、
→刺激が続くうちに痒くなってきて掻いてしまう
→皮膚が赤くなって水疱ができる
→痒いので掻いてしまう。。

このようなエンドレスパターンになってしまうこともしばしばです。
私も実際、この流れを辿りました。

よく挙げられるのは、「汗疱」「異汗性湿疹」「あせも」の症状があります。

原因は様々にあるのですが、乾燥型との併発もあれば、多く出た汗が汗腺に詰まって表皮の循環ができず乾燥する、という例もあるようです。

いずれにしても、炎症が起こっている状態なので、炎症を鎮める対策が必要になります。
対策としては、ステロイドなどの外用薬を使う方法が中心です。

なお、水疱がでるようになると、一見水虫と見分けがつかなくなってしまうのですが、
「汗疱」では「汗」が原因なのに対して、
「水虫」では「菌」が原因です。

皮膚科で検査をすると一発でわかります。不安なときは、まずは皮膚科で相談してみましょう。

手荒れの症状と原因と種類 ざっくりまとめ

ここまでの話を、ざくっと表にしてみました。

乾燥型(比較的初期) 湿潤型(比較的中期)
具体的な症状カサカサ
ひび割れ、あかぎれ
皮が剥ける
じゅくじゅく
水疱
赤みや痒み
症状の呼び方主婦湿疹
手湿疹など
汗疱、異汗性湿疹
あせも
必要な対策保湿の対策炎症の対策

主婦湿疹や汗疱などの症状については、関連記事でもまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

あなたの手荒れが一日も早く良くなりますように。

手湿疹・主婦湿疹・汗疱状湿疹の症状の原因と違いとは?

2017.08.24











シェアやコメントお待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA