【大特集】手荒れにきくツボってあるの?




私のふとした疑問から始まりました今回のテーマ。

「手荒れにきくツボってあるのかなぁ・・・?」

調べてみると幾つかありましたので、まとめてみました!

ちょっとした空き時間や、気分転換したいときに、ちゃっかりハンドケアできる自分になりましょう!



手荒れとツボの考え方

はじめに、簡単にツボのおさらいです。

ツボとはそもそも、「経口(ツボ)」と「経絡」を体系立てたものであり、「気」の通り道であるという東洋医学の考え方が元になっています。

よく、足ツボで痛い場所によって身体の悪いところが分かる、と言われますが、西洋医学的に解明されていることは少ないようです。

手の平のツボ

陰郄(いんげき)
かゆみなど、身体の余分な熱を取るツボです。
場所は、小指側の手首の付け根から、ひじ側に親指の半分ほど下がったところ。

合谷(ごうこく)
万能のツボと呼ばれています。
場所は、人差し指の骨と、親指の骨がぶつかるところ。人差し指側のくぼみ。

後谿(こうけい)
かゆみなど、身体の熱を収めるツボです。
場所は、手を握ったときにぷくっと膨らむところ。

労宮(ろうきゅう)
自律神経の働きを整えるツボです。緊張した時の手汗に良いとのこと。
場所は、握りこぶしをつくったときに、人差し指と中指の間にあるところ。

腕のツボ

曲池(きょくち)
ここも、万能のツボと呼ばれています。
場所は、ヒジを曲げたときにできるシワの先端のところ。

手の五里(てのごり)
肌荒れのツボです。
場所は、曲池から指四本分、肩側に上がったところ。

下廉(げれん)
肌荒れのツボその2。
場所は、曲池から指四本分、手の平側に下がったところ。

その他のパーツのツボ

陽池(ようち)
手の機能を調節するツボです。
場所は、手の甲の、手首のしわの真ん中のくぼんだところ。

基本 CMYK

中府(ちゅうふ)
肌荒れのツボその3。
場所は、鎖骨の外側のくぼみから指1本下に下がったところ。

太渓(たいけい)
内臓や冷え性に関係するツボです。
場所は、内側のくるぶしの頂点から、少し後ろでへこんでいるところ。

手荒れとツボ まとめ

いかがでしたか?
きっとここまで読みながらツボ押しできた方は、身体がぽかぽかあたたかくなったりしているのではと思います、私もです(笑)

手荒れの方は特に、ハンドローションや保湿剤を塗るときなどに、一緒に刺激できると良いですね。

東洋医学に興味を持ったら、漢方もぜひチェックしてみくださいね。

手湿疹とたたかうためのツムラ漢方薬をまとめました。

2018.04.01

手荒れに効果がありそうな漢方の種類一覧!飲み方から飲む期間まで

2017.09.16

あなたの手荒れが、一日でも早く良くなりますように。












シェアやコメントお待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA