手荒れの私がシャンプーを選ぶ時の基準




こんにちは。ほわいと(@t_e_white)です。

手荒れの人が気にすることの1つに、
「シャンプーを変えてみる」
ということがあります。

私自身は、現在も自分に合ったシャンプーを探している最中です。

それでも、手に負担のかかりにくいシャンプーを調べていくうちに、大手スーパーの安くて大容量のものを使っていた時よりは、手への負担が軽くなったように思います。

今回は、手荒れに悩む私の同志たちへ、シャンプーを選ぶときの視点をお伝えします。

シャンプーはざっくり分けて4種類ある!

1、高級アルコール系 評価×

石油系シャンプーもこの部類に含まれます。
安くても泡立ちの良い洗浄力の強いものが作れるので、安価なシャンプーはここが基本になっているものが多いです。

代表的なのは、

  • ラウリス硫酸ナトリウム(Na)
  • ラウレス硫酸ナトリウム

など、主に「硫酸」がついているものです。

食器用洗剤と同じくらいの強い洗浄力があるので、手荒れの方はぜひとも避けるべき成分です。

2、せっけん系 評価△

頭皮にやさしく洗浄力も兼ね備えますが、髪にはやや負担です。

せっけん系で洗うと、髪がキシキシしてしまうことがあります。

これは、髪のキューティクルが開いてしまうためなので、酸性のリンスで戻す必要があります。

また、シャワーを伝って全身がアルカリ性に傾いてしまうので、手肌の本来である弱酸性に戻るのに時間がかかり、敏感な状態が長引くことがあります。

3、アミノ酸系 評価◎

洗浄力が弱く、頭皮にも髪にも優しいです。

アミノ酸は、皮膚や髪にもともと存在するものなので、肌にかかる刺激も少ないですが、一般的に値段が高いのがデメリットにあります。

成分には、

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • コカミドプロピルベタイン
  • ココイルメチルアラニン

などがあり、「メチルアラニン」「コカミド」「ココイル」などが目安になります。

4、ベタイン系 評価○

天然由来の界面活性剤が使われているものです。

成分は、

  • ラウラミドプロピルベタイン
  • ラウリルベタイン

など、最後に「ベタイン」がつくものが多いです。

手肌には優しいものの、洗浄力がやや劣ります。

スタイリング剤などをしっかり使う方だと、2度洗いするなど工夫が必要になるかもしれません。

手荒れな私のシャンプー基準

やっぱり、手肌に優しいのが一番なので、アミノ酸系シャンプーで私はいろいろと試しています。

ただし、「アミノ酸配合」シャンプーは、アミノ酸「主成分」シャンプーではありません。

ほんの少しでも配合されていると「アミノ酸配合」と名乗れてしまうので、きちんと裏面の成分表示をチェックしましょう。

せっけん系は、私の場合は、肌のツッパリ感が出て、少し窮屈な感じがしました。

これは、アルカリ性から手肌本来の弱酸性に戻そうとするはたらきだそうですが、私にとっては、肌に負担がある感じがしました。

洗浄力は欲しいし予算的に安いものしか選べない!
そんな時は、「硫酸」のつくものの中でも、「ラウリス硫酸アンモニウム」などの、ナトリウムよりもアンモニウムの方が比較的刺激が弱めなので、こちらを基準にしています。

もちろん全体的に見ると刺激は大きいので、アミノ酸系で自分の手肌の未来に投資するのがベストです。

最後に・・・

手荒れに悩むあなたにも、運命のシャンプーと出会えますように!












シェアやコメントお待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA